鍵が折れること

鍵は金属でできていますが折れることはあります。
が回らないからと強引にあけようとしたり、強い負荷をあたえると曲がったり折れたりしてしまいます。
よくあるのが鍵を差し込んだら抜けなくなり、ペンチなどを使用して折れてしまうことです。バイクの鍵などでも刺さりきっていないのにもかかわらす強く回して折れてしまうなんてこともありますね。
鍵折れでやっかいなので折れた先端が取り出せないケースがあることです。そうなってしまいますので建物なら鍵交換、バイクなどのシリンダーであればバイク屋さんなどで修理してもらう必要があります。
大切なのは鍵が折れるほど強い力を加えないことです。正常の状態ではそこまで強い力を加える必要がないため、抜けなかったり回らない場合は無理に動かそうとせずに業者を呼ぶことをオススメします。結果的に重症化するよりかは安価に済むため無理をしないということが大事です。
鍵の抜き差しに引っかかりや重さを感じましたら専用の潤滑剤を使ってください。油を使うのは状態を悪化させてしまうので厳禁です。食用油や556などを使って一事的によくなったかと思ったら後日、全然動かなくなってしまったというお話はよくききます。鍵の内部は精密機械のため、油の場合だと埃やゴミが付着して固まってしまうため逆効果になってしまいます。
長年使ってくると少しずつ不具合はでてきますので早めに対応するのが一番かと思います。